たゆまぬ革新と進化を模索し続ける


プロの塗装屋なら腕が良いのは当たり前です。私たちはさらなるお客様の満足のために、顧客満足向上会議を開き、日々の現場や各現場で起きたこと、感じたことを全員で話し合うことでより良いサービスや技術の向上を図っています。私たちは自分たちの技術が自信になりますが、現在の技術に慢心することなく、社内のすべての職人が高度な技術と気持ちを習得できるように、日々社員教育を徹底しております。しかし、それだけで完璧ではありません。塗装は職人1人1人手作業で行うので、ばらつきが出ます。だからこそ、お客様に満足していただける高い品質を維持するために、「現場管理」を徹底し、現場管理者は職人とは違う目線で厳しい検査を行っております。

このような現場管理や技術力の教育などは、ほかの業界では当たり前のことですが、塗装業界では自社に塗装職人がいない会社が多く、できないことがよくあります。しかし、塗装Nagahamaは完全な自社施工のもとで、職人の教育および現場管理を徹底して、つねに革新と進化を模索し続けています。

完成イメージがよくわかるシミュレーションシステムを導入

塗り替えをさせてもらっていくなかで、色についてしっかりと打ち合わせをしているのですが、やはり「想像と違う」というお声をいただくことがあります。小さいもの(見本板)で判断し、塗り替えたあとのお家を見たときに想像どおりになることはなかなか難しいものです。私たちを信頼していただき施工させていただくならば、最大限の満足をしてほしい。

そこで追求した結果、お客様の家の完成したイメージがはっきりとわかる塗り替えシミュレーションシステムを導入しました。

このシステムによって、お家の写真を撮り加工することで、しっかりとした完成イメージをもとに満足のいく色を決めることができます。

シミュレーションシステムについて詳細をみる

1級塗装技能士、2級施工管理技士の専門的知識が豊富な施工店

塗装の基礎知識や技術は現場においての実践で培われるが、ここに国家資格である技能士と管理技士の専門的知識が加わることで、より深いところでご提案や施工方法の計画が出来るので、選択肢も広がり、安心頂ける施工が出来ます。

外壁診断士による専門的な診断、施工を

塗装は紫外線や雨、排気ガス等の大気汚染などから日々建物を守っています。

このように塗装は建物にとって非常に重要な役割を果たしていますが、塗り替えを行っていくうえでそれぞれの外壁に合わない塗料で塗り替えられているケースが多々あります。

外壁診断士は外壁の材質を専門的に学び、その素材に合わせた塗料の選定やそれぞれの外壁特有の問題を解消出来る施工を行う事ができます。塗装Nagahamaでは外壁診断士がご自宅の外壁や屋根の状態を診断させていただきます。私達は専門的な知識と特化した塗装知識で塗り替える事ができますので、安心してお任せください。

外壁診断士について詳細をみる

原液主義

原液主義で塗装!

私たちが塗り替えをさせていただくなかで、何度か塗り替えをした物件に入ることがあります。壁と屋根はしっかりと3度塗りしているが、付帯部の雨樋や破風は1度塗りしかしていない。または、シンナーや水で薄めすぎているから、塗料の厚みがなく劣化が激しいといった物件をよくみかけます。

同じ塗料で同じ塗り回数を行っても、薄めて塗っているのと、薄めずに塗っているのとでは、塗料の寿命(塗り替え時期)時の建物自体のダメージは差があります。

なぜ塗装屋さんによって、ここまでばらつきがあるのでしょうか?それは次回も使えるようにできるだけ薄めて材料を残し、材料コストを下げるねらいがあります。薄め具合とたっぷり塗る意識の有無で塗料の厚みが決まりますが、素人の方が判断するのは、非常に難しいものです。

私たちは、薄めなくてよいものは薄めずに、仕上がりよくできるだけ長持ちするようにたっぷりと塗ることをお約束いたします。

来たときよりも美しく

窓ガラスを綺麗に掃除している写真

私たちが、工事開始から完了までの工程のなかでいちばん大事にしている工程は、下地処理ですが、同じくらい大事にしていることがすべての塗装が完了したあとに行う、補修、清掃作業です。はみ出している所、汚れた所を直すのは当たり前の事ですが、サッシと塗料が重なる所、色と色が交わる所、こういった色の終わりが寸分も狂うことなく直線が出ていると、外観が非常に洗練され、整頓された空間になります。

そして、窓ガラスも外面は掃除したくても、なかなかすることができませんので、完工前にすべてのガラスを専用のワイパーで美装して、塗装できない場所も綺麗にする。それが私たちの信念です。

地域密着で小さな塗装から大きな塗装まで請けおいます

地元に密着しているからこそ、どんなに小さなことでもすぐに駆けつけますので、塗装についてのことならなんでもお気軽にお問い合わせください。仕事の内容も、お住まいの門扉の塗装や階段などの小さな塗装から、足場を組んでの屋根や外壁などの大きな塗装まで、どんな塗装でも対応しております。また、住宅だけではなくマンションやビルなどの大規模な塗装工事も数多くの実績がございます。

日々の作業報告を徹底いたします

留守中にどのような作業が行われているのかを不安に思われる方も多いと思います。私たちは、このような不安を解消するために、毎日の作業報告や進捗状況を、ご不在でも欠かさずに電話等で報告させていただきます。

また電話の作業報告だけでなく、毎日の作業の内容を撮影し、これをまとめた作業報告書をご提出いたしますので、どのような作業が行われているのかをお客様が一目瞭然に把握することができます。

このように作業報告を徹底することで、手抜きもできませんので、しっかりした現場管理にもつながります。徹底した作業報告は、お客様からも好評で「留守にしていても、我が家の状況がすぐに把握できて、とても安心できる」と言っていただいております。

充実のアフターフォロー

工事完了後、塗装Nagahama発行の保証書をお渡しします。その後は2年毎に状態を確認するために、点検にお伺いさせていただきます。そして保証期間内の有無に関わらず、もしお困りごとがあったときも、迅速に対応いたします。

私たちが塗り替えさせていただいた建物は、すこしでも長持ちするように、次回塗り替えする業者さんが施工しやすいように、心がけて施工からその後まで最大限の努力をしていきたいと思っています。

各種あんしん保険に加入しています

塗装Nagahamaは「あんしん大規模修繕工事瑕疵(かし)保険」、「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」に任意で加入できますので、工事のあとにもしもの事態が起こってもお客様に補修費用を負担していただくことはありません。これらの保険は工事会社が加入する保険ですが、加入は工事会社の任意になっており、なかには加入していない工事会社もございます。そのような場合は、大規模修繕工事やリフォームのあとに、万が一の瑕疵(かし:本来備わっているはずの機能が備わって折らず欠陥があること)が発生した場合、修繕費用をお客様に負担をお願いするようなことがあるのです。

しかし、塗装Nagahamaは「あんしん大規模修繕工事瑕疵保険」、「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」に加入できますので、どうぞご安心なさって大規模修繕工事やリフォームをお任せください。

あんしん保険について詳細をみる

PAGE TOP