屋根や外壁の塗装は、見た目だけの問題ではなく、建物の寿命に関わるとても重要なことです。失敗してしまうとお住まいの家の寿命を縮めてしまうことにもつながってしまいます。

そのため塗装はかならず円満に成功させたいところですが、そのために必要なこと、気をつけることを業者の視点からご紹介させていただきます。

予算決めは慎重に

塗装規模に関わらず、予算をしっかりと決めておくことはとても大事なことです。「あれもやりたい」、「もっと良い塗料が使いたい」とプランをどんどん追加していけば、当然出費もかさみます。理想の暮らしを手に入れるはずが、結果的に予想外の出費に苦しむことになりかねません。

見積り依頼の必要性

上記のような金銭問題に陥らないためにも、塗装工事の前には事前の見積りを取ることをオススメします。これには以下のようなメリットがあります。

  • 各塗装業者の特徴をより深い視点で比べることが可能となる(他社との比較)
  • 工事にかかる費用を早い段階で把握しておくことで、資金計画が立てやすくなる
  • 見積りの内容が適正価格かどうかを見極めることができる
  • 納得いく金額で工事を進めていくことが可能になり、その後のトラブル防止に繋がる

さらに、見積りのさいに現地調査などを行ってくれる業者もいるため、現在の建物の状況をプロの視点から確認できますし、塗装業者の人となりも見極める材料になるでしょう。

塗装Nagahamaでも見積りや現地調査は喜んでさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

現地調査はしっかりとしておこう

塗装をする前には現地調査をしっかりと塗装業者に依頼しておくようにしましょう。塗装箇所の状態を確認しておかないと適切な塗料選びなどができずに、誤った塗料を選択してしまうと塗装箇所の寿命を大きく縮めることにもなってしまいます。

そのため事前の現地調査はとても重要です。ここをないがしろにする塗装業者には依頼しないほうがよいでしょう。

塗装業者と安心して任せられる関係を築く

工事終了後、建物に何か異常が見られた場合は、依頼した塗装業者に相談するのがほとんどだと思います。そこに信頼関係がつくられていれば、些細な不安でも気軽に相談できますし、安心して次の作業も任せられると思います。

そのため信頼関係を築くことができる塗装業者を選択することが大切です。依頼主様も塗装業者も、住まいづくりをより楽しみながら進めていけます。

塗装Nagahamaでは、工事完了後に保証書をお渡しし、その後は2年毎に状態確認のために点検にお伺いさせていただきます。そして保証期間内の有無に関わらず、もしお困りごとがあったときも、迅速に対応いたします。私たちが塗り替えさせていただいた建物は、すこしでも長持ちするように、次回塗り替えする業者さんが施工しやすいように、心がけて施工からその後まで最大限の努力をしていきたいと思っています。

PAGE TOP