塗料の役割は色を塗り替えるだけではありません。雨水を弾く、汚れを防ぐ、紫外線や熱から守る、耐用年数が長いなど、様々な機能で外壁を保護する役割も持っています。

一般的な塗料について

一般的な塗料としてアクリル、ウレタン、シリコンが挙げられます。

アクリル

アクリル樹脂系塗料は価格が安く、短期間の塗り替えに最適です。期待耐用年数は6年〜7年ほどで種類が多く日曜大工などには向いていますが、外壁塗装や屋根塗装にはおすすめできません。

ウレタン

ウレタン樹脂系塗料はどんな場所でも塗れるため、数年前まで外壁塗り替え塗料として普及されていました。また、ひび割れ防止や止水の注入剤としても利用されます。期待耐用年数は8年ほどなので長期的な外観維持には向いていません。

シリコン

シリコン樹脂系塗料は現在の住宅塗装の主流となっています。価格と耐久性のコストパフォーマンスが最も高いといわれ、汚れや紫外線にも強い特徴を持っています。期待耐用年数は10~14年ほどで、外壁塗装や屋根塗装にも向いています。

注意して頂きたい事は他の塗料と比べシリコンは、成分に対してシリコンがどのくらい入っているかで安価なものから高価なものまであります。

塗り替えの際はシリコンという言葉だけで納得せずに、ランクはどのくらいか、または塗料名を確認しましょう。

フッ素系塗料について

フッ素樹脂系塗料は塗膜の寿命が非常に長いのが特徴で、最高グレードの塗料にあたります。そのため商業用のビルや東京スカイツリーなど、公共事業にも数多く使用されています。コストは高いですが防汚性・不燃性・低摩擦性・耐寒性・耐熱性など数多くの機能を持つため、住宅の寿命を延ばすことにも繋がります。期待耐用年数は15年〜20年です。

高機能な塗料について

高機能な塗料はフッ素系より高価なものが多いですが、目的別に利用する方も少なくありません。

ピュアアクリル塗料

ピュアアクリル塗料は純度の高い樹脂を用いた水性塗料で、防水性・高弾性・高耐久性に優れた塗料です。期待耐用年数は15年ほどで、外壁塗装の塗り替えを減らすことができます。

遮熱・断熱塗料

太陽の熱を反射する遮熱や、屋内への熱を抑える断熱の機能を持った塗料もあります。快適な住環境を作ることができ、省エネや節電にも貢献します。

期待耐用年数はウレタンやシリコンと同等になります。

PAGE TOP