外壁塗装や屋根塗装の現場では、馴染みのない専門用語が飛び交っています。工事に関する説明を受けていても、塗装業者の言っていることをきちんと理解できていなければ、ご自身の要望と違う結果に繋がりかねません。

そこでこちらでは、外壁塗装や屋根塗装に関する専門用語を分かりやすくご紹介させていただきます。

足場

高いところで作業を行うときなどに必要な仮設の床のことを言います。従業員の通路などの目的で組まれます。住宅塗装をする上で一番初めに行う作業で、しっかりとした綺麗な足場を組めるかどうかで、工期短縮や塗装品質に影響を与えます。

養生

塗装しない部分、主に窓周りや土間などに塗料が飛び散って汚れないように、塗装前にビニールシートやガムテープで防ぐことを指します。玄関やベランダなどの開閉が必要な部分は、工事中でも開閉できるように工夫して養生します。

ケレン

塗装する場所の汚れやサビを落としたり、塗り替えの際に塗料の密着度を高めたりするために行われる下地調整の一つです。専用のケレン用具(マジックロン・ペーパー・ヤスリ・サンダーなど)を使い、サビや劣化した古い塗膜を削り落としていきます。この作業がしっかりできていないと、剥がれやすくなったりサビが広がったりして仕上がりの美しさや塗膜の寿命に関わってきますので、非常に重要な工程です。

シーラー

上塗りされる塗料が、密着しやすいように使用される下塗り材を総称して言います。塗料の吸込み防止・塗装ムラの防止・塗装を施す部分のアルカリ成分の抑止効果を目的に使用されます。

フィラー(サーフェサー)

フィラー(filler)とは、下塗りの際に使われている塗料の一種です。下塗りの塗料というとシーラーやプライマーもありますが、フィラーは時間経過とともに痛んだ下地の凹凸を埋めて、下地を調整する役割で塗られる塗料です。ひび割れ箇所をシーリング材を用いて充填し、フィラーを下塗りすることで、クラックの抑止効果を大幅に高める事ができるので、非常に大切な工程です。

縁切り

屋根材の重なっている部分には、通気性を確保するための溝があるのですが、塗装の際には、この溝に塗料が入り込んで塞がってしまう場合があります。

塗料で隙間が塞がってしまうと、漏水や劣化を招きかねません。そこでカッターやヘラを使い、隙間を作り出す作業を行います。これがいわゆる縁切りと呼ばれる作業です。

クラック

クラックとは、外壁に「ひび割れ」が出てくる外壁の劣化現象の事を言います。クラックの原因は、地震による揺れや振動、また塗装業界で問題になっている悪質業者による手抜き工事などが原因と言われています。ひび割れがあった場合、「すぐに補修するべきか?」についてはクラックの程度で判断する事ができます。ひび割れには種類(ヘアークラック、構造クラック、乾燥クラック、縁切れクラック)があります。

そのままにしておくと、ひび割れ部分から、汚れ、雨水が流れ込むことで内部が劣化して腐食していきます。程度にもよりますが、塗装業者に見てもらうのが良いでしょう。

塗膜

塗膜とは、塗装によって形成された膜の事を言います。塗料には種類がありますが、それぞれの塗料を適切な使用方法で塗り硬化した塗膜で外壁や屋根をコーティングすることで、紫外線や雨などから住宅を守ってくれます。また塗膜が時間経過とともに劣化し効果を発揮しない状態を「脆弱塗膜」と言います。

希釈(きしゃく)

希釈とは溶液を薄めることを意味しますが、塗装で希釈というと、塗料を適正な粘度にする為に、水・シンナーなどの溶剤で薄める事を言います。水性塗料は水で、溶剤系塗料はシンナーで薄めます。希釈率については、塗装職人にお任せではなく、それぞれの塗料によって0~5%、5~10%など希釈率が塗料メーカーによって決められています。

下地処理

下地処理(下地調整)とは、塗装をしっかりと密着させるために必要な前処理の事です。現在の塗装の上から新しく塗装すると思っている方も多いのですが、塗膜は汚れや剥がれなど前回の塗装から時間が経過するなかで劣化している状態ですので、そのまま上から塗装すると、汚れなどにより密着性が悪く、塗装してもすぐに剥がれてきます。そこで下地処理を行い、汚れなどをキレイに落とし密着性を高める必要がある訳です。この下地処理を丁寧に行うことで塗装が長持ちすることに繋がっていきます。

下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装は、まず下塗りによって外壁材と中塗り、上塗りの塗装面の密着性を高める塗料を塗り、その後に中塗り、上塗りと工程が進み、3度塗りをする事が基本です。「3度も必要なの?」と思う人もいるかもしれませんが、耐久性が高い外壁にするために必要な工程です。下記にそれぞれの塗りの工程を詳しく説明するので確認してみてください。

下塗り

シーラー・プライマーなど、外壁材と中塗り、上塗りの塗装面の密着性を高める塗料を塗ります。接着材の役割を果たして密着性を高める事で、剥がれなどが防止できます。反対に下塗りを丁寧に行っていないと、密着できていない箇所から剥がれてきたりするので、とても大切な工程となります。

中塗り

中塗りは密着性を高める下塗りと上塗りとの間にする2度目の塗装です。平滑な下地を作り、塗装を補強します。

上塗り

基本は中塗りと同じ塗料を使って塗っていきます。上塗りは仕上げとして、美観性と強度を上げていく工程です。下塗りを行った上で中塗り、上塗りの工程を行うことで塗膜が厚くなり、耐久性が高くなります。

PAGE TOP